【東京 江戸川区】新川さくら館で夕涼みとえどがわ金魚公園で水遊び

お出かけ

 

金魚がモチーフの可愛い公園を見つけました。

えどがわ金魚公園

えどがわ金魚公園の水遊び場

えどがわ金魚公園は昨年(2022年)にできた新しい公園です。

最寄り駅は都営新宿線 船堀駅 徒歩15分

少々歩くので、駅前から葛西駅行のバスに乗り、三角というバス停で降りるといいと思います。そこから徒歩1分になります。

遊具という遊具は、こちらの金魚の滑り台になりますが、金魚のお口から入りお尻から出てくるスタイルに子どもは笑いながら滑っていました。

そして、この時期はじゃぶじゃぶ池も!!地面に描かれた大きな金魚鉢の中には金魚が三匹。

こちらのじゃぶじゃぶ池は、まだ歩き始めたくらいのお子さんも楽しめる水遊び場です。しっかりお水に入りたい子どもには少々物足りなさがあるかと思いますが、少し水浴びしたいなという子どもにはぴったりだと思います。

筆者の子ども(5歳)も、バシャバシャと走って遊んでいたり、寝転んだり、筆者に水をかけて遊んでいました(笑)

1~2歳くらいの子どもも遊びに来ていましたが、ちょこんと座り、水遊びグッズを置いて楽しそうに遊んでいました。

お手洗いにも金魚が。お手洗いも綺麗でオムツ替えもあり使いやすいと思います。

きんぎょ公園は、日陰がないので注意!公園に行く時間帯や帽子や日傘なので対策して行くことをお薦めします。

えどがわ金魚公園近くには、キッチンカーも!

えどがわ金魚公園の入り口付近にキッチンカーの看板も。不定期でいるそうで、入口に看板があったらいるそうです。

 

ベトナム風サンドイッチ「バインミー」のキッチンカー『Mano a Mano(マノアマノ)』さん。気になったので行ってみました。

 

少しお腹がすいたので、エビアボカドサンドを頼みました。入っているパクチーを水菜に変えてもらうことができました。

この時期だからかアイスやかき氷などありました!

エビアボカドサンドのスモールサイズを頼みましたが、思いのほか大きくて一つ食べたらお腹いっぱいになりました。

子どもには、このサンドにかかっているソースがちょっと不思議な味に感じたようですが、美味しい!と言って食べていました!

新川さくら館で夕涼み

筆者と子どもは、きんぎょ公園に行く前に新川さくら館に立ち寄りました。

こちらのお休み処で、かき氷やソフトクリームなどを販売しています。

また江戸川区の伝統工芸品なども売っています。
小松菜が有名な江戸川区。小松菜を使ったお煎餅やドレッシング、カレーなども販売されていました。

新川さくら館では、お祭りなどいろいろなイベントが開催されていますので下のリンク先よりチェックしてみて下さいね。

ちなみに7月29日(2023年)より、あく和りうむを開催しています。筆者はもう開催されているものと勘違いしていてこの間行ってしまいました。

行ったときは、また追記させて頂きたいと思います。

まとめ

いよいよ夏休み!きんぎょがモチーフのえどがわ金魚公園は見ているだけで夏を感じますね。小さい子の水遊びデビューにもぴったりな公園です!

これからの暑い時期は、近くに葛西図書館や新川さくら館もありますのでそちらも利用するといいですね。ぜひ行ってみて下さいね。

【江戸川区 水遊び場】

水遊びのできる公園

【新川さくら館】

新川さくら館公式サイト|江戸川区船堀新川沿い新川千本桜地域の花見、観光、散策、デートスポットに
江戸川区 新川さくら館公式サイト|江戸川区船堀新川沿いの花見、観光、散策、デートスポットなど憩いの場に。多目的ホール、集会室、喫茶店や広場等があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました